人気ブログランキング |

☆★今年のクリーニングデイ帯広から学んだ9つの教訓★☆

b0390678_11315087.jpg
今回のクリーニングデイ帯広が
できるまでにやったこと、
大切だと思うこと、
自分の備忘録としてもまとめてみました。


リーダーは立候補すべし!
前回のブログで
今回自分がリーダーとして立候補した
理由を書きました。
立派な理由ではないですよ( ̄∀ ̄)前回のブログはこちら → ☆★★☆

立候補じゃないのが
悪いと思っているわけではありません。

●やりたいからやる
●回ってきたから責任持ってやりとげる
●やりたくなかったけど誰もやりたい人がいないから頑張った

理由1つでリーダーも周りの負担も
大きく変わってしまう。

人が1番頑張れるのは
やはり自分でやる!
と自分軸で決めたとき。
リーダーに情熱があれば
やりたいことが明確になってくるので
自然と周りは助けてくれます。
今回のクリーニングデイは
わたしのやりたいことを
十勝帯広の整理収納アドバイザー仲間が
感じ取ってくれて
積極的に動いてくれて
盛り上げてくれたおかげで成功しました。
以前のイベントに比べて
リーダーとしての負担は少なかったと思います。

そういう実感もあるので
何かやりたい!と思ったら迷わず
リーダーに立候補!
コレ、オススメです。


打ち合わせは事前に資料を提示!
わたしは打ち合わせの仕方とか知りません。
仕事でも打ち合わせなんてしたことないです。
でも、大阪の片付け専門会社の社長さんで
友人の直ちゃんこと三谷直子さんが以前に

「事前に打ち合わせでやることを提示しておいたから
(話が脱線せずに)30分で終わった」

と言っていたことがすごく記憶に残っていたので
今回の打ち合わせは全て
事前に打ち合わせ内容が載った資料を
コミュニティにアップして目を通してから
打ち合わせに来てもらうようにしました。
早ければ1週間前、遅くとも3日前くらいに
提示できればよいかなと思います。
忙しくて前日になっちゃった時もあったけど
それでも提示するしないの差は大きかった(´⊙ω⊙`)

打ち合わせ当日はみんなその日何を話し合うか
把握してるのでスムーズに進んだし
資料には打ち合わせする内容に対して
一件一件リーダーのわたしが
どう考えているのかも載せておいたので
資料提示から打ち合わせまでの間に
それぞれの考えも生み出せる時間に
なったのではないかと思っています。

おかげさまで毎回打ち合わせでは
話が脱線することなく
時間びっちりイベントについて
話し合いができました(^^)


連絡ツールはFacebookのコミュニティとメッセンジャーの二本立てがオススメ!
これはほんとにオススメです!
昨年まではFacebookのコミュニティだけで
やり取りしていましたが
その人その人で見るタイミングがちがうので
タイムラインで投稿が流れてしまい見逃して
連絡が行き届かないことがありました。

それを踏まえて今回は
メッセンジャーでも同じグループを作り
誰かが投稿したら必ず

「Facebookの方に〇〇をアップしたので、
みなさん確認してください」

というメッセージをつけることをルール化しました。
その結果、必ず全員の目に触れるようになり、
誰かがなにかを知らない、という状況が
なくなりました(^^)

そしていつのまにかメッセージを確認したら
いいね!マークをみんなが押してくれるようになり
メッセージ見ましたよ!って
伝わった安心感がお互い確認できたと思います。
いいね!マークも
「了解です」を入力するより簡単にできるので
みんなの負担も減⤵︎


少数精鋭でいくなら何かを諦める!
今年のクリーニングデイは
各自のいろんな事情が重なり
昨年よりもスタッフが少なかったのです。
1個100円で売ると決めたけど
そのモノが100円以上の価値のモノならいいけど
100円以下のモノならどうする?
という問題に直面しました。
昨年は助っ人もお願いして
3個100円コーナーを設けたけど
昨年と同じような内容にするには
ちょっと人数が足りない…どうしよう〜
と思いましたが、そこは思い切り決断をしました!

3個100円をやめて、全て1個100円にする!

3個100円がある方が
もちろんお客さんのためにはなるけど
それでは前日準備の際に
モノの仕分け作業に膨大な時間がかかり
スタッフの負担が増えてしまう。

苦渋の決断でしたが全て100円としました。
そのおかげで前日準備も時間内に
スムーズに終わりました。

サービスの向上とスタッフへの配慮のバランス

これがうまくいかないと
イベントが続いていかない

特に
有志(ボランティアみたいにお金を払わないで手伝ってもらってる場合は)
支えられているイベントは
手伝っていて楽しいと思えないと
気持ちがすぐ離れてしまい
見切りをつけられてしまうので
特に配慮が必要な部分だと思っています。


告知はこれでもかと言うくらいする!
これは今わたしが通っている
「好きを仕事にする大人塾かさこ塾」
塾長のブログに書いてあったのですが
その時の記事はこちら → ☆★★☆

かさこさんは3ヶ月先のかさこ塾の塾生募集の告知を
30回もしたのだそう。
そんなに告知してるにも関わらず
「30回目の告知で初めて知りました!」
という方からギリギリで
申し込みがあったりしたそうです。

申し込み方には地域性があったりするそうで
関西から西にかけては告知直後から
申し込みが殺到するけど
北海道は締切直前にドドドド〜っと申し込みが
来る傾向がある、と聞きました。

たしかに告知をしたときに、直前に、
なんなら前日当日に参加表明をいただくことも
けっこうありました。
これが帯広の傾向なのかな、とも思いました。

なのでかさこさんの言うことを素直に信じて
今回は特にセミナーの告知の時は
スタッフみんなで投稿をシェアしてもらい、
たくさん広めたので
みんなの目に触れる機会も増え
満員御礼になったのではないかと推測しています。

どの投稿をどのタイミングで誰が見てるかなんて
全くわからないので
見てもらう確率を上げるために
たくさん告知することは必要かな、と思います。
そういえば整理収納アドバイザーの大先輩の講演でも
「人は7回接触すると覚える」
と言っていたなぁ。
どんな形でもいいから最低7回は告知すべし!


地方で開催する場合は地元情報誌を活用すべし!
十勝の人は十勝が大好き!
だから十勝特有のものを
特に大事にする傾向があるように見受けられます。
そしてそれらをよく見てます(笑)

北海道新聞十勝版×2回
十勝毎日新聞
情報誌しゅん、chaiのイベント情報
道新デリバリ
生活掲示板

これ全部十勝版の広告媒体。
これらにクリーニングデイ帯広のことセミナーのこと
載せてもらいました!

今回モノが700個近く売れているので
たぶん300人近い人が来てくれたのではないかと。

だから地方都市を攻める場合は
有名な全国版の告知を使うより
地方都市専用の広告媒体を使う方が
効果があると思います。


強い味方を手に入れろ!
クリーニングデイ帯広が6回も続けられたわけは
ひとえに
ちあファクトリーさんという
素晴らしい後ろ盾を見つけたから!
会場の提供
準備、設置
後片付け
残ったモノの処理…
もうもうもう
全てにおいてお世話になりまくっています。
少数精鋭でイベントができるのも
イベントを続けていけるのも
全て全てちあファクトリーさんの存在があるからと
言っても過言ではありません。

何かイベントをやりたい、と思ったときは
まずは味方になってくれる人を探すと
良いと思います。



行き詰まったら仲間を頼る!
ここをこう伝えたいけど言葉が出てこない!
そんなことがイベントまでにたくさんありました。
そんな時は1人で悩んでても出てこないので
すぐ先輩や仲間に相談しました。
あっ、そっか〜
すぐ解決します(笑)
悩んでる時間は損です。
仲間がたくさんいるなら頼りましょう〜

アレやって〜!
コレもお願〜い!
仕事もたくさん振りましょう〜

みんな何かをやりたいと
周りに集まってきてくれています。
つまりイベントスタッフなんて働きたがりの集団!
遠慮なく仕事を振ってあげてください!!

なんならわたしは当日札幌から遊びに来てくれた
先輩と同期の仲間に後片付けまで
手伝わせてしまってます。
彼女らはとても楽しそうでした〜(≧∀≦)

ん、わたしの思い込みか…?笑笑 許してね♪

いや、でもそうすることで
自分も楽、みんなも楽になります(^^)
みんなで楽しいイベントを
作り上げることができます♪


打ち上げはその日のうちに!
いつもはイベント当日に打ち上げをやらずに
後日行っていましたが、
やはり打ち上げは
その日のうちにやるのが1番盛り上がる(๑˃̵ᴗ˂̵)
こんなことあったよ!
あんなことがあったよ!
人間の記憶は1日であっという間に風化します(-_-)
その日のうちにやることをオススメします。
大変盛り上がります!(≧∀≦)


以上が今思いつく限りのことです。
来年の自分へプレゼントもかねて(^^)

by makobaramin | 2019-07-22 12:00 | クリーニングデイ | Comments(0)

自分自身の「いいね!」を増やし、日々自分らしく暮らす


by makotsu